So-net無料ブログ作成
検索選択

仏検は無理 [仏検]

日曜まで打ち合わせ(仕事の)が入ってしまって、
やれやれといった感じです。

さて、
やはり仏検受験は断念せざるを得なくなってしまいました。
なんとなれば、6月19日には出張が
入ってしまったのです。
それは今日の打ち合わせで正式決定。

出張が入らなくても、仕事で仏検の準備は
十分できなくなっていたので、受験は迷ってはいたのですが・・・。

うーん。
これは、ブログタイトル、変えないとおかしいなぁ・・。

週に一度のフランス語学校だけは
なんとしても続けようと思っています。
でも、あれだけひーひー言っていたのに、
いざ受験できないとなると残念な気になってしまいます。
ちょっと複雑です。


そろそろやらなきゃ [仏検]

社内でも社外でも、
歓迎会や送別会のシーズン
年末だけでなく年度末も飲みごとが多いですね。
しかも週末は花見もあるので、
休肝日がありません。

この前ふりはさりげなく、勉強していないことへの
言い訳なんです(笑)。

仏検の問題集を買ったはいいけど、
やったのは4ページ。
しかも準2級を受けるのに、
3級用の問題集・・・。

このままでは、3級用の問題集でさえ
受験日までに終わらないかも!
試験の日は決まっているのだから、
逆算して一日にやるべきページ数を割り出さなきゃ。
よし、週末にそれをやろう。花見だけど(笑)。


仏検問題集買いました [仏検]

休日だというのに、WBCも見ずに働く私。
さすがに夕方には解放されたので、
書店に寄って
完全予想仏検3級を買いました。

準2級を受けるのに、3級対策用というのもどうかとは
思ったんですが、やっぱり2級は難しすぎて・・・。
昨年春に3級を取ってから自分は進歩しているのか
疑わしいくらいです。ほんとに。

ただ、聞き取り・書き取り問題の対策のために、
2級用の問題集も何か買おうとは思ってはいるんですが、
とりあえず、この3級用問題集で文法の復習をやろうと思います。

これを選んだのは、4級用も同じシリーズも使っていてなじみがあったこと。
大判で書き込み式であること。
書き込んでいくと何か達成感があるんですよね。
ほとんどが見開きで完結しているのもわかりやすくて
気に入っています。

さて、スーツケースは・・・。
えー、今日、仕事だったので・・・・というのは、
言い訳ですよね。はい。

新訂完全予想仏検3級 筆記問題編

新訂完全予想仏検3級 筆記問題編

  • 作者: 田中 成和, 富田 正二, 佐原 隆雄
  • 出版社/メーカー: 駿河台出版社
  • 発売日: 2004/03
  • メディア: 単行本


仏検準2級の程度って? [仏検]

旅行から帰って机の上にたまった諸々を片付けて
なんだかんだとやっていたら1週間たってしまいました。

そんなやや浮かれモードですが、
仏検を主宰しているフランス語教育振興協会のホームページ
はじめて行われる準2級を含めて各級の詳細が発表されていました。
http://apefdapf.org/
(左側sommaireの仏検→仏検とは?で見られます)

準2級って、
「日常生活における平易なフランス語を読み、書き、話すことができる」
程度なんですね。
私はまだまだだけど、受けちゃうぞ。

一次試験は
筆記、書き取り、聞き取りの3部構成。
筆記の中には一部記述式があるとか。なんだ?記述式って?
3級のときもマークシートだけではなかったけれど。
書き取りというのは、ディクテでしょうか?
聞き取りとあわせて25分もあるようです。
苦手なんだなぁ。この手の問題。どんな対策がいいんでしょうか?

求められる文法知識は
「基本的文法事項全般についての十分な知識」
って、なんだかあいまいな・・・。
ちなみに3級は
「基本的文法事項全般。動詞については、直説法、命令法、定型的な条件法現在と持続法現在の範囲内」
2級は
「前置詞や動詞の選択・活用などについて、やや高度な文法知識が要求される」
とあるので、その間と考えるしかないですね。

求められる語彙は
3級「1500語」
準2級「2200語」
2級「3000語」
うーん。私の場合、語彙も不足していると思います。たぶん。

問題の2次試験ですが、
個人面接!で
「提示された文章を音読し、その文章とイラストについての簡単なフランス語の質問にフランス語で答える。
試験時間約5分。」
緊張しそうです。
いや、その前に1次試験を通るか否かが問題なのです。

今日、久々にフランス語学校に行ったのですが、
「?」部分が多かったのです。
今になってちょっと危機感を覚えていますが、
まずは旅行のスーツケースを片付けるところから始めないと!
勉強どころではないのでした。
いかん、いかん。


仏検は6月だけど・・・ [仏検]

昨日、紀伊国屋書店の新宿タカシマヤに隣接しているほうの新宿店
(な、なんか長くなった・・・)に行きました。
大きな書店だけあって、フランス語学習コーナーも広かったのですが、
そこで平積みになっていたのは、仏検の問題集

「え、もう?」と焦る私。

あわてて、ちらっと「完全予想 仏検2級」を
立ち読みしましたが、私にはやっぱりむずかしー。
時間がなかったので、ほかの3級問題集を
詳しく見る余裕がありませんでしたが、
買うならやっぱり「完全予想 仏検3級」なのかなぁ。

でも、来週からパリに行くので全然勉強なんかできないのでした。
そんなこんなで、やや焦りモードになって書店を後にしました。


春の仏検:まだ焦らなくてよかった [仏検]

またもや準2級受験について。
仏検について、ぶつぶつつぶやいているだけで、
実際の勉強をスタートさせていないのは本末転倒なんですが・・・。

で、私、先走って、そろそろ勉強スタート!という勢いだったんですが、
ちょっと落ち着いて、去年3,4級を受けたときのことを思い出しました。
そうそう、こういうときブログをやっていると便利。
去年の勉強ぶりがしっかりブログに残っています。

仏検を受けようと思い立ったのと同時にこのブログをスタートさせています。
それが4月21日。
問題集を買って、実際勉強を始めたのが4月22日。

なんだ、新年度になってからでもいいのかも。
ただ、級のグレードがアップしているので、こんな風にはいかないかも
しれないけれど、4月になってから問題集をはじめてもよさそう。
あんまり早くやると忘れちゃいますからね?

今、ちょうど仕事が忙しいのでちょっと安心。
とは言え、来年度になってそうそうらくになるわけではないんですが、
もう少し落ち着いて、問題集選びをしたいと思います。

とりあえずは仕事。
そして語学学校だ。


よこしまな思いで2級の問題集を買う? [仏検]

この前、準2級を受けることを宣言してしまったんですが、
なにせこの級は新設級なので、
まだ「仏検準2級問題集」などがありません。

で、ぎりぎり3級ホルダーの私としては
まずは3級の問題集を買って、
それをちゃんと1冊やりとおそうと思います。
2級の問題集はなんだか難しそうなんですよね。

さて、私は去年、仏検の3級と4級を併願したのですが、
午前中に4級、お昼をはさんで3級という時間割でした。
そのとき、少し恥ずかしかったのは、
3級のテストが始まる直前は、みなさん当然、3級用の問題集や
参考書を見てるんですね。最後のおさらいとして。
一方、私は3級を受けるのに、4級の問題集しか持っておらず、
やや「完全予想仏検4級」を
広げるのがはがかられました。

今年は見栄で2級用問題集を買おうかしらん(笑)。


どうする準2級の準備 [仏検]

今度の春の仏検から「準2級」というのが新設されるらしいので、
それにむけてなにか準備をしようかなと思う今日この頃。

昨年春の仏検4級、3級を受けてから、
秋はパスしていたので、1年ぶりの受験です。

でも、新設される準2級なので、
まだ世の中に、準2級向け問題集などが見当たらないのです。
仏検を主宰するフランス語教育振興協会のホームページにも
まだ案内が出ておりません。
(1月中にアナウンスがあるはずだったようですが、
遅れている様子)

実際、4級の問題集をやっただけで、3級に受かってしまったくらいなので、
準2級を受験する今回は、3級の問題集をやればいいのかもしれません。
とりあえず、3級向け問題集でもぼちぼちやるかなー。
ただ今は、仕事が佳境なので、
3月の中ごろ過ぎから手をつけようかと思います。
さすがにそのころになれば、もっと準2級の情報も入ってくるだろうし。

が、準2級では二次試験として面接があるんですよね。
ど・・・どうしよう。
フランス語での受け答えなんて、ぜんぜん自信がありません。
でも、これって一次試験に受かってから心配すればいいんでした。
ははは。
二次試験の心配は杞憂に終わる可能性大ですな。


ボルドー旅行フランス語会話 [仏検]

ラジオフランス語講座のディクテは、
いちおうまだやっております。

でも最初のころと違って、
知らない単語がよく出てくるようになった最近は間違い続出です。

ただ、耳を凝らしてしっかり聞くだけでも、
まあいいのかなというくらいで続けています。

杉山先生のこの講座は、ミカエルさんとのやり取りが
楽しいだけでなく、
スキットの主人公ユミちゃんがパリでフランス語学校に
通うという設定が身近に感じられます。
最初のころは、メトロでカルト・オランジュを作ったり、
市場で野菜を買い物したり。

そして今週は、語学学校の友達マリアと
ボルドーに小旅行に行く話をしてました。
楽しそう。

立花先生のスキットのように登場人物の色恋沙汰が
あるのかどうか謎ですが、
どうも男友達で有望な人が見られないんですよね。
私の予想としては、マリアの女優(そう、女優なんですよね!)という
職業がらみで何かネタがあると思うんですよね。
恋愛ネタはちょっと期待したいところですが、
どうなのかなー。

ディクテを始めて一番のデメリット?は、
テキストを買ってすぐにスキットを読めないこと。
なんせ放送のときに初めて聞く状態にしておかないと、
ディクテとは言えない・・・ですよね。
ここがちょっとストレス(笑)。

でも、この講座、再放送なので、スキットの展開を
ご存知の方はたくさんいるのですよね。
うーん、教えてもらいたいような、なくないような!


たった一文字のフランス語 [仏検]

y とか en とか le  とか、特殊な代名詞って、
忘れがちです。

そもそも y なんて、一文字じゃないの。
英語に 一文字の単語なんかありますか?
a ぐらい?
この一文字にけっこう泣かされるんです。

エー、 y の場合は、「フラ語入門、わかりやすいにもホドがある」によると
1.「場所を表す表現」に変わる
2.「a +モノ」に変わる
で、どちらの場合も動詞の直前に置かれます。

1の場合は英語のthereと同様に考えればいいんですね。
ただ語順が違うんですが。
 Il est dans ce cafe?
Oui, il y est.
(Oui, il est dans ce cafe.)

2の場合は、英語にはない使い方です。
Vous pensez a votre pays?
Oui, j'y pense.
(Oui, je pense a mon pays)

例文の a mon pays が yになって、
しかも動詞の前に来ているわけです。
ほんと、思い切って y なんて短い単語によくしたもんだ。
おもけにエリジオンするし。

さて、これが否定形になるとどうなるか。
Non, je n'y pense pas.

代名詞y と動詞は固く結びついているので、
否定形くらいのことでは二人は離れないのです。

たまにこうやってちょっと前にやったことを
プチ復習しておかないと、忘れちゃうんですよね。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。